手の甲シミ|美白サプリ

国が認めた医薬品である「ロスミンローヤル」は、サプリメントと違い国が認めた薬です。服用することで体内からメラニンを作らせずシミの元を無色化します。

今の肌の状態を写真におさめ、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月後と比べてみると、その驚くほどの美白効果が実感できます!
ロスミンローヤル

販売元 株式会社アインファーマシーズ
原材料名 L-システインアスコルビン酸(ビタミンC)、シャクヤク末、ブクリョウ末、ソウジュツ末、DL-メチオニン、安息香酸ナトリウムカフェイン、トウキ末、タクシャ末、センキュウ末、ハンゲ末、ニンジン末、ローヤルゼリー、ビタミンE散(50%)、カルニチン塩化物、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1)、リボフラビン(ビタミンB2)、グリチルリチン酸一アンモニウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、シアノコバラミン(ビタミンB12)
内容量 270粒
1日の目安 9粒
価格 通常価格7,600円→特別価格初回1,900円(5,700円オフ)
定期コース2回目以降は4,093円(33%オフ)でお届け。
※15日返金保証あり
効果効能 ● しみ、そばかす、にきび、はだあれ、小じわ
● 肩こり、腰痛、神経痛
● のぼせ、目まい、みみなり
● 冷え症、手足の冷感、腰部冷感
● 妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給
  •  手の甲シミを元から無色化!
  • メラニンを作らせない
  • 国が認めた女性用健康薬

公式サイトはこちら

手の甲シミは、若い頃から作られている!?

10代、20代の頃は手の甲にシミが目立つこともなく、年齢を重ねて初めて手の甲のシミに気付くといった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
では、手の甲にシミが見えないからといって、本当にシミがないお肌と言い切れるのでしょうか。

手の甲シミは、表面にある見えるシミだけではなく、お肌の奥に潜んでいるシミが無数にある可能性もあるんです。
表面上は見えないからといって、ケアを怠っていると、年齢を重ねた時に、悩むことになりかねませんよね。
逆を言えば、手の甲にシミがない(見えない)10代や20代の頃からのお手入れによっては、いくつになっても手の甲にシミのない(表面に出てこない)キレイなお肌を保ち続けることができるんです!

一般的な手の甲シミの原因は、紫外線からお肌を守ろうとする時に発生するメラニンなのです。このメラニンは、お肌を守るためには必須ですし、誰にでも平等に作られるものです。

しかし、正常なお肌ですと、このメラニンを排出することができますが、加齢やストレス、肌荒れなどによってはお肌の再生であるターンオーバーが遅くなり、古いメラニンを排出する前に新しいメラニンを作り出してしまい、やがてメラニン色素が色素沈着を起こし、シミとなってしまいます。

そんなスパイラルに陥らないために大切なのが、新しいメラニンを作り出さないための紫外線対策と、できてしまったメラニンを排出するために必要なターンオーバーです。この2点を重点的に意識することで、10年後、20年後のお肌のシミは変わってくるでしょう。

以前は、ガングロギャルと呼ばれる色黒な女の子が流行っていましたが、今は、美白が美しいとされていますよね。
化粧品も、美白に力を入れたものが増えました。

増えた今だからこそ、どの美白化粧品を選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。
そこでオススメなのが、ビタミンC誘導体やプラセンタが配合されている美白化粧品です。ビタミンCそのものが、さらにお肌に浸透しやすくなったビタミンC誘導体は、美白効果があることで有名です。

また、プラセンタは、お肌の細胞を若々しくし、ターンオーバーを正常な状態に近付けてくれる効果があります。お肌のエイジングケアというべきでしょうか。

そして、紫外線対策も欠かせません。
ところで、紫外線が強くなるのはいつ頃なのでしょうか?
一般的には、春から夏にかけてが1番紫外線が強くなると言われていますが、秋冬は紫外線がないわけではありません。秋冬でも、しっかりと紫外線は降り注いでいるのです。
ですから、紫外線の強さに合わせた、紫外線対策が必要だと言えるでしょう。

年齢を重ねた時の手の甲シミの深刻さは、若い頃からの手の甲シミ対策で差が出てしまうんですね。かと言って、手の甲にシミができてしまったから手遅れというわけではありません。ターンオーバーをしっかりと繰り返せるように、美白化粧品を使うのも良いですが、規則正しい生活や栄養バランスを整えるなどして、ストレスを溜めないようにすることも大切なんですね。

手の甲シミ対策

気がつくと、手の甲にシミが出てる!って事はないですか?
ここ最近、日焼け止めもちゃんと塗って対策してたのになぜ?
残念なことに、シミ・ソバカスは忘れた頃に肌の表面に出できてしまいます。
今回は、日々の簡単なお手入れでの予防法を紹介したいと思います。

手の甲にシミを作らない為のお手入れのポイント

①紫外線からお肌を守る

誰でも夏の日差しの強い日に外出する時は、日焼け止めを忘れないと思います。
が、年中屋内でも紫外線を浴びているって知っていましたか?

部屋の窓ガラスからの太陽の日差しにもちゃんと気を付けてほしいです。家でスッピンのまま過ごす時はもちろん、洗濯物を干したり、ちょっとゴミ出しに外へ出たり。

そんな何気ない日常生活でも、日焼け止めをしっかり塗って過ごしてほしいです。

紫外線は4月から9月にピークを迎え、6月の晴れた日は真夏よりも強いといわれています。さらに、曇りの日でも雨の日でも油断してはいけません。ちゃんと紫外線は肌に届いています。

どんは時もUVカットができる日焼け止めは忘れずにつけましょう。

②美白ケアに取り組む。

まずは、紫外線をたくさん浴びてしまった日に、しっかりお手入れをする事です。
アウトドアや屋外でのスポーツ、もちろん海や山、プールへ行った日など、その日のうちにメラニンが過剰に生成されないように対策して下さい。肌の上に残ってしまうとシミになってしまいます。

常にメラニンの生成を抑えて、ロスミンローヤルなどのシミに効果的な医薬品を飲んだり、シミ・ソバカスを防ぐ美白化粧品を使っておくと安心かもしれません。
気になる日は、コットンにたっぷりの美白化粧水を染み込ませ、コットンパックもオススメです。

③マッサージをする。

毎日は大変ですが、新陳代謝を促して手の甲にできるシミの素となるメラニンを外に排出できるよう、定期的にマッサージをしましょう。同時に血行も良くなり、透明感が増していい事ばかりです。

④隠すという選択もある。

できてしまっている手の甲シミは、ファンデーションで隠すという方法もあります。

パッと見て目立つようだと、紫外線もさらによく当たってしまい、シミ・ソバカスが濃くなる可能性があります。

黒い紙に太陽を虫眼鏡で集めると熱が発生するように、シミの部分に集中してしまうと、くっきり目立ってしまいます。

日ごろ、念入りにお肌のお手入れをしていても、紫外線を浴びてしまうと、一気に肌を老化させてしまい台無しです。

美白化粧品は効果も期待できそうですが、どちらかというと価格も高く、長続きできないイメージもあるかもしれません。なるべく、あれもこれもと手を出さず、できる範囲でコツコツ積み重ねる事が大切です。

できてしまったシミは、レーザー治療だと費用もかかるし、根っこの部分のケアをしない限り、数年経つとまた出てくる事があります。なかなか難しいのが現状で、なるべく紫外線を浴びないのがベストです。

日々の簡単なお手入れでのシミ対策を心掛ける事で、綺麗なお肌を保っていって下さい。

最も効果が高いのは、「身体の内側から」対策することです。

メラニンを作らせず、シミの元を無色化するにはロスミンローヤルがおすすめです。

手の甲のシミを消して目指せワントーン明るい肌!美白を促す成分とは?

美白は女性が美容上よく気にかける事です。美白になって肌がワントーン明るくなれば全然顔の印象も違います。美白になるためには化粧品を使う事も一つの手ですが、食べ物から栄養を摂取しても効果的です。

ビタミンCが手の甲のシミや美白に有効

ビタミンCは美白に有効な成分として良く知られています。ではビタミンCがなぜ美白に効果があるのでしょう。ビタミンCにはメラニンが作られる事を抑制する作用があるからです。

そのため肌色をワントーン明るくできます。それに加えてシミやそばかすの原因になるメラニンを無色化する作用も期待できる事から、この事も美白に役立つと言えるのです。ただ、ビタミンCは肌に浸透させるのが難しい成分です。そこでお勧めなのはビタミンC誘導体の化粧品です。

このビタミンC誘導体とは手の甲にできるシミ対策や美白効果のみならずに、皮脂分泌も抑制できます。ビタミンCを食べ物から摂取する場合はビタミンCは消費が激しい成分ですから、1日の内でも定期的に摂取するのが望ましいです。

例えばブロッコリーやミカン、いちご、キウイなどはビタミンCを多く含んでいます。

ビタミンAも美白に効果的

ビタミンAは脂溶性のビタミンになります。ですから油に溶けやすいのが特徴になります。できれば油分と一緒に取り入れるようにしましょう。そちらの方が効率よく体内に吸収できます。

ビタミンAを体内に取り入れる事によって皮膚の新陳代謝を活性化させる事ができます。この代謝は皮膚の生まれ変わりに必要になり美白に欠かせません。手の甲のシミやそばかすがターンオーバーによって排出されるので、美白に有効なのです。

またなかなかしつこいシミの場合にはビタミンAに加えてハイドロキノンをプラスしたらシミにもっと効果的にアプローチできます。

酵素が入っている食べ物も役に立つ

酵素は血流をアップしたり、冷え性を改善する作用も期待できます。それだけではなくて美白効果もあると言われています。食べ物から酵素を摂りたいのなら主には野菜や果物を食べましょう。

酵素は食べ物の消化をサポートします。また体内で分解されたらビタミンやミネラルなどの吸収をサポートするので美白作用を上げる事ができます。酵素をたくさん含んでいる食べ物にはパイナップルや小松菜、ニンジン、梨などがあります。

ビタミンEの効果

ビタミンEも有効です。美白作用の他にも強力な抗酸化作用もあります。ビタミンEが酸化を抑える事によって手の甲シミやそばかすの原因となる活性酸素を取り除く事ができると言われています。

また抗酸化作用は血流に対しても影響を与えて、フェイス周りの血液の流れを良くする効果も期待できます。血流がスムーズになるとくすみにも有効です。顔にくすみがあるとなんとなく薄暗い印象を人に与えますが、クスミが取り除かれたら肌が明るく見え表情も良く見えます。

まとめ

肌の元々の色まで変えてしまう事はできません。しかし、くすみやシミなどによりなんとなく肌が暗い印象になっている場合は、改善できます。美白を実現するためには化粧品にこだわったり、クリニックに相談したりいろいろな手段が存在します。

しかし、特に手軽にできてしかも効果が大きいのは食べ物から美白効果がある成分を摂取する事です。美白に有効に働く食べ物はいろいろですから、料理のバリエーションも多くできます。ぜひ、美白効果がある食品を取り入れてみましょう。