1. 手の甲シミ
  2. 美白
  3. ≫手の甲のシミに!美白クリームの配合成分と選ぶ時のポイント

手の甲のシミに!美白クリームの配合成分と選ぶ時のポイント

美白クリームの配合成分

皮膚科で処方される美白クリームに配合されている成分がトレチノインとハイドロキノンです。トレチノはシワ、ニキビ、シミを改善する効果がありターンオーバーの促進、真皮のコラーゲンを生成する働きがあると言えます。ハイドロキノンはメラニンを生成する酵素の働きを抑制する作用がありシミの予防効果の他にも既に出来てしまったシミを薄くする効果もあると言えます。ただこれらの成分は効果が強い分肌への負担も大きく使用する際には医師の注意に従うようにして下さい。またハイドロキノンには紫外線を吸収する作用があるので塗った後は外出を控える、もしくは日焼け止めを塗る必要があります。

市販されている美白クリームに配合されている成分には美白成分としてビタミンC誘導体が配合されているモノが多いと言えます。またハイドロキノンが配合されている商品もありますが、皮膚科で処方されるモノと比較するとその濃度は低いと言えます。その他にもアルブチンと言われる成分はチロシナーゼに直接作用しメラニンが出来るのを抑えてくれます。さらに肌に吸収されてからハイドロキノンに変化しメラニン色素を除去する働きがあります。

エラグ酸はラズベリーなどに含まれる天然フェノール系の抗酸化物質でチロシナーゼを抑制する働きにより高い美白効果が期待されます。またアルブチンとエラグ酸は肌への負担が少ないのが特徴と言えます。あとトラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制し炎症を抑える作用があるので美白効果にプラスして肝斑、肌荒れを改善してくれます。

美白クリームを選ぶポイント

美白成分は大別するとメラニン色素の生成をブロックするモノと既にあるシミやそばかすを薄くする効果があるモノとに分類出来ます。それを理解した上でシミの予防に焦点を当てるか改善に焦点を当てるか、もしくは両方の効果があるモノを選ぶかを決定する必要があります。

その上で美白成分の特性と効果と自身の肌の状態を考慮して美白成分を選ぶようにして下さい。肌が上部で早くシミを改善したい人はハイドロキノン、ビタミンC誘導体を高濃度に配合したクリームがお勧めと言えますし、肌の乾燥が気になる人、敏感肌の人は肌に優しい美白効果、保湿効果があるプラセンタなどの成分を配合した美白クリームを選ぶといいでしょう。

さらに商品を選ぶ時には配合量や使用方法といった情報を確認して購入するのがポイントです。美白成分が少量で効果が実感できなかったり、肌トラブルが起こることがない様に慎重に選ぶ必要があります。

まとめ

美白クリームの配合成分には様々な種類があり、皮膚科で処方されるトレチノインとハイドロキノンの含有量が多いモノは効果が強い反面肌への負担も大きいので注意が必要です。美白クリームを選ぶ際には予防に力を入れるのか改善効果を期待するのかにより選ぶ商品が違ってきます。あと美白成分の特徴を知った上で自分の肌の状態を考慮して選ぶことが大切です。