1. 手の甲シミ
  2. 美白
  3. ≫ハイドロキノンは有効?美白美容液の有効な選択方法について

ハイドロキノンは有効?美白美容液の有効な選択方法について

「美白美容液は適したものを選択する」
シミや肌のくすみに対して美白美容液によるケアが有効だとしても、美白効果が高いとされる成分には様々な種類があり、美容液によっても含まれた成分に違いがあります。

肌質によっても適したものは変わり、美白美容液を選ぶ時には適切なものを選べないと効果を得られにくいですから、成分の特徴を知って肌質に合うものを活用する事が望ましいです。
「予防効果を求めるか薄く美白する効果を求めるか」
まずは大きく分ければ予防に有効なものと、出来てしまったものを薄くするものがあり、予防の場合はメラニン生成を抑制する成分を選ぶ事が望ましく、出来てしまったシミ等にはメラニンを薄める漂白還元作用のものが有効になります。

肌質が弱っている敏感肌や乾燥肌の場合は肌に優しい美容液を利用する事が望ましく、美白や保湿効果が高いプラセンタが有効です。

肌質に問題が特に無い場合は、シミ等を早く薄く出来るビタミンC誘導体やハイドロキノン、これらが高濃度配合された美容液を活用するのも良いと言えます。

美白美容液は成分が強いものは肌トラブルを招くリスクもありますから、配合量情報やリスクを知った上で活用し、専門医等の専門家からの指導を受けながら利用すると安全です。
「高い効果の美白成分にはリスクも備えている」
一般的に美白美容液というものは、効果を引き立たせる為にも浸透力が高い設定になっており、刺激が強い美白成分のものは弱った肌には避けた方が良い傾向にあります。

最近ではネット普及によって、海外の商品を個人輸入する例もありますが、国内のものと比べて高濃度で危険であり、欧米人の為に作られた美白商品やピーリング商品は、日本人よりも肌が分厚い人用に作られている事からも、肌が薄い日本人が使う場合は注意が必要です。

メラニン生成を抑制する予防型の成分は、プラセンタエキス、リノール酸、ルシノール、コウジ酸、アルプチン等が有効であり、すでに出来たものを薄くする場合はビタミンC誘導体やハイドロキノンが有効になります。

ハイドロキノンは特に美白効果に優れたものであり、出来たメラニンを薄くする効果だけではなく、予防効果にも優れた肌の漂白剤とも言われる成分です。

ただし、ハイドロキノンは効果の高さというメリットがある反面、刺激が強いというデメリットがあり、現在では美容液等の化粧品に低濃度配合が認められるようになりましたが、以前は皮膚科だけで処方されてきた成分になります。
「まとめ」
美白美容液によって美白効果を得たい場合には、肌質や用途に合うものを使う必要があり、肌トラブルを引き起こさないように使う事が重要です。

相性の良く無い美容液を使えば、美白効果を得るどころか肌トラブルを引き起こす可能性もありますから、商品選択は慎重に行う必要があり、適切なものを選択出来れば満足出来る可能性もあります。

いずれにしてもリスク管理を徹底して、安全に利用したい場合は専門知識を持った方の指導の下で利用していく事が望ましいです。

美容成分の特徴を知って、その上で肌に合うかどうかには敏感になって、商品選択が有効と言えます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。