1. 手の甲シミ
  2. 美白
  3. ≫手の甲シミに効果的!高保湿化粧品で美白を目指しましょう

手の甲シミに効果的!高保湿化粧品で美白を目指しましょう

数ある美白対策ですが、やはり一番手っ取り早いのは化粧品の効果に頼ることです。そして、美白をうたう化粧品も、今やお店に行くと棚に様々並んでいて、どれがいいのか迷って選べない方も多いのではないでしょうか。今回は、そのなかでもおススメ化粧品と使い方についてご紹介します。

ずばり、ソフィーナがおススメです。ソフィーナ製品は、若い世代向けのソフィーナジェンヌ、30代から40代向けのソフィーナボーテ、そして50代以降向けのソフィーナグレース等バリエーションが豊富で、使う人の年代や肌状態によって選べることができます。そして、お値段がものすごく高いということがなく、ドラッグストアなどでは割引対象になっていることもしばしばです。ですので、比較的たっぷり、ケチらずに使うことができるというのもおススメ度が高い点です。あと、全部詰め替えあるいは付け替えがあるのもうれしいポイントです。

さて、ここでは、ソフィーナボーテに絞って、この美白化粧品を紹介します。
美白の効果があったなと感じるには、くすみをなくし、明るい肌色を目指すことがまず目標ですが、そのためには保湿が重要な役割を果たしています。保湿をすることで、肌の潤いが増し、肌のキメが整ってくるのです。肌の状態がよくなるのに比例して、くすみが気にならなくなり、肌色が明るくなります。そこで、ソフィーナボーテの高保湿化粧水、乳液が活躍するのです。高保湿と商品名についている通り、肌の表面のみならず、角層にまで水分が浸透するような処方がされており、特に乾燥しがちな秋冬はその保水効果を実感できると思います。化粧水は「しっとり」と「とてもしっとり」の2種ですが、乳液にはUV効果のあるものと通常のものとで種類があります。

次に実際の使用法です。朝、起床したら顔を洗いますが、そこでも保湿について気をつけたいことがあります。まず、熱い湯は逆に肌の水分を洗顔後に奪ってしまうので、ぬるま湯が最適です。そして、朝だし汚れていないからといって、ばちゃばちゃと湯で顔を流すだけにするのはやめましょう。就寝中にも皮脂が出たりと意外と汚れは溜まるものなのです。朝、しっかり泡洗顔をすると毛穴の汚れが流れ、くすみがとれ、肌が明るくなるうえに、その後の化粧水と乳液が十分に浸透する準備ができます。

洗顔後は、たっぷり手のひらに化粧水をとり、顔を包み込むようにゆっくりと肌に乗せます。手のひらの温かさが、じっくりと保湿成分の浸透に効いてくるので、ここは時間をかけて行いましょう。朝はその後、できればソフィーナボーテUV乳液を使うと、UVケアにもなり美白効果のアップを狙えます。化粧下地にもなり、しかもSPF値が30のものと50+のものと選べるうえにPA値は最高のPA++++なので、これは絶対外せません。

夜は、洗顔と化粧水は朝と同様、念入りに行い、乳液をUVでない普通の高保湿乳液にするだけです。入浴中に洗顔をし、化粧水と乳液をたっぷり顔に塗ったあと、食品用ラップで簡単保湿パックをするのも+アルファのテクニックです。

ソフィーナボーテでのケアを紹介しましたが、ご自分の肌に合った美白化粧品で、ここで紹介した方法を続けていくのも、もちろんよいのです。大事なのは、化粧水と乳液の基本的な保湿ケアですが、地道に丁寧に毎日続けることです。諦めず続ければ、シミが薄くなり、くすみのない明るい肌の美白効果がでてくるはずです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。